藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

第1弾 京都府 番外編 長岡京市

旅行

第1弾 京都府 番外編 長岡京市
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

私の故郷、「長岡京市(旧乙訓郡長岡町)」!皆さん、ご存知しょうか?「緑と歴史のある町」と言われる通り、非常に、歴史のある町です。あまり、知られていませんが、「平城京」から、「平安京」に、遷都される間の約7年間、ここ「長岡京市(及び向日市)」に、都が置かれていました。そのため、歴史的に貴重な遺跡が、各地に点在しています。

紅葉で有名な「光明寺」、「細川がらしゃ」で有名な「勝竜時」、その他「長法寺」、「善峰寺」、「長岡天満宮」等、神社仏閣が多数あります。

場所は、京都府と大阪府の府境あたりにあります。阪急電鉄と、JR東海道線が走っており、非常に、交通の便が良く、ベッドタウンとして、栄えています。

名産は、朝獲れの「タケノコ」です。長岡京市を中心とする、ここ「京都西山」は、日本有数の「タケノコ」の名産地です。ほとんど、灰汁がなく、「タケノコ」のお刺身は、絶品です。

長岡京市出身の有名人は、元なでしこジャパンのゴールキーパーの「海堀あゆみ」選手、同じく、サッカー日本代表の「宇佐美貴史」選手が挙げられます。

久しぶりに、実家に戻ったら、新しく、「阪急西山天王山駅」が、出来ていました。益々、交通の便がよくなりました。

京都にお越しの時は、京都市内を観光されるだけでなく、ちょっとだけ、足を伸ばして、「長岡京市」にもお寄りください。京都駅から、JR東海道線で、4つ目の「長岡京」駅で下車してください。 決して後悔は、させません!

長岡京市とは?

市名は長岡京にちなみ、長岡京の南部と一部市域が重なる。 隣接する向日市、大山崎町とともにタケノコの産地として著名。花菜(食用の菜の花)の産地でもある。市制施行前は乙訓郡に属し、市内に古寺乙訓寺がある。
大きく東部、中部、西部に分類できる。 JR長岡京駅周辺の東部は村田製作所、パナソニック、三菱電機などのハイテク企業が進出しており、線路沿いには、フォークリフトで有名なニチユ三菱フォークリフトがある。
また、西山山系の湧水を利用してサントリーが大山崎町との境目近くに京都ビール工場を設置、主に西日本地区向けの製品の生産を行っている。 かつてサントリーが地下水を大量に使用するため、市民と軋轢を生じた時期もあったが、現在はサントリーが主催する秋のビール祭に市民を招待するなどして関係の回復を図っている。
阪急長岡天神駅の周辺の中部は、商業地、住宅地から構成されており、長岡京市の中心地となっている。 大手スーパーなどもこの付近に偏っていたが、2000年代以降は、JR長岡京駅西口が再開発され、こちらにも商店の進出がなされている。
京都府道10号大山崎大枝線(丹波街道)以西の西部は、主に西山の丘陵地帯からなる自然あふれる地域であり、後述のような有名神社仏閣などが点在する。 また一部地域は切り開かれ、住宅地として開発されている。
日本を代表する観光地である京都市が近いために注目されることは少ないが、ロケーションには恵まれている。 特に竹林は美しく、平安時代の作品『竹取物語』のモデルは長岡京市もしくは京都府八幡市のどちらかであると言われている。 また長岡天満宮八条ヶ池の霧島つつじ、乙訓寺の牡丹、楊谷寺のアジサイ、光明寺の紅葉も美しさも知られている。
平安時代には、古典『伊勢物語』の主人公とされている在原業平が晩年を過ごし、学問の神として知られる菅原道真が太宰府へ左遷される際、名残を惜しんだ地と言われている。 また、清少納言作の随筆『枕草子』等の古典にも登場する等、深い歴史を持っている。
光明寺を始め、長岡天満宮やその境内にある料亭・錦水亭など、市内ではしばしばドラマや映画のロケが行われる。 また、山村美紗の初期の作品の舞台にもなっている。
秋に行われる『ガラシャ祭り』を筆頭に、かぐや姫をモチーフとした竹林のイベントや、蛍鑑賞会、天神祭、アジサイ祭り、牡丹祭りなどが開かれている。全国から集客したいという市の思惑はともかく、家族連れが訪れる市民憩いのイベントとしては成功しているようである。なお蛍鑑賞会は例年蛍シーズンより早く開催されることが多い。

出典 http://ja.wikipedia.org

長岡京市PR動画

阪急西山天王山駅で便利になった長岡京市

名産の朝獲れ「タケノコ」

長岡京市(西山)名産の「タケノコ」。朝獲れのタケノコは、絶品です。

ブログ感覚で、金儲け?私のこの記事も、下の青いボタンから、作成しました。↓↓↓






旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!