次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

番外編 イムジン河

旅行

番外編 イムジン河
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

「イムジン河」

私が、小さい頃(小学校1年生くらい)、よく、口ずさんでいたと記憶しているが、突然、レコードが発売中止になり、「なんでやねん!」って、思ったことを覚えている。

そもそも、「イムジン河」は、どこにあるのか?
調べてみました。北朝鮮と、韓国の軍事境界線の近くを流れる大河である。下流は、黄海に注ぐ。

私が、小さい頃、口ずさんでいた唄は、関西のフォークグループの「ザ・フォーク・クルセイダーズ」の唄である。「イムジン河」の前に発売されたシングル「帰って来たヨッパライ」のコミカルな唄が、印象的だった。その流れで、全く異質な「イムジン河」を聞き、何か、懐かしさを覚える、牧歌的ないい唄だなあと感じた。

もともと、この唄は、北朝鮮の唄で、「北朝鮮の人が、祖国の韓国に帰りたい!誰が、祖国を分断したのか!」という想いを込めて、作られた曲だという。その唄を、日本にある朝鮮学校の友達から、伝えられ、「ザ・フォーク・クルセイダーズ」の「加藤和彦」が、日本語訳をつけて、発売された。

なぜ、発売中止になったのか?

憶測に過ぎないが、発売元の「東芝」が、韓国から、圧力をかけられて、発売中止になっとそうである。発売当時、韓国に企業進出していたこともあり、韓国側の言い分に逆らえなかったと聞く。「北朝鮮の唄を、日本で流行らしてもらっては困る」ということだろう。

北朝鮮の人も、韓国の人も、同じ人間ではないのか!

追記

「イムジン河」の唄を、逆回転させて、作られたのが、「ザ・フォーク・クルセイダーズ」の「悲しくてやりきれない」である。才能にあふれた「加藤和彦」のなせる技である。

イムジン河

臨津江(韓国語ハングル表記:임진강 〔イムジンガン〕、朝鮮語チョソングル表記:림진강〔リムジンガン〕)は、朝鮮半島中部に源を発して黄海に注ぐ川。全長273.50km。下流では漢江と合流し、川幅が広がる。
河口には江華島がある。高麗時代、元の軍隊に脅かされた高麗が都を開城から江華島に移した。元の騎馬部隊は、川幅800メートルの臨津江を渡ることが出来なかった。
韓国と北朝鮮の軍事境界線に近いことから、南北分断の悲劇を語る舞台として登場する。この名を冠した楽曲「イムジン河」や、報道誌『臨津江[1]』も存在する。

出典 http://ja.wikipedia.org

フォーク・クルセイダーズの「イムジン河」

「悲しくてやりきれない」

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!